お問い合せよくある質問交通アクセスサイトマップ

校長からのご挨拶



 本校は、運動と特色ある科・コースに力を入れている学校です。運動は、毎年インターハイに出場する選手の数が県下一であり、各運動部の実力は言うまでもありません。卒業生にはオリンピック選手も多く輩出しており、1992年のバルセロナオリンピックの野球で銅メダル獲得に端を発し、2002年からは四大会連続で出場しております。これは、本校の運動に力を入れている成果の賜物と思っています。また、大いに五感を刺激される学校です。


 正門をくぐると、左側から包丁の音と同時に食欲をそそる匂いがしてきます。これは食文化コースが調理実習をしているからです。奥に進むと包丁の音から一転してエンジン音がしてきます。覗いてみると、県下唯一の自動車工業科の生徒たちが車や部品を相手に悪戦苦闘している姿が見られます。放課後になると、グランドや体育館から運動部の掛け声はもちろんのこと、和太鼓の地を震わす音や、本館からはよさこい部の軽快な鳴子などが聞こえてきます。


 これらは五感を刺激されるほんの一例です。特別進学コースの授業への真剣な眼差し、総合スポーツコースの活気あふれる姿、健康福祉コースの各施設での心安らぐ笑顔、情報コースの各種検定に向けたキーボード捌(さば)きなど、生徒同士も互いに刺激し合い、充実した日々を送っています。こうした毎日の積み重ねが今の自分だけでなく、未来の自分に繋がると考え、「頑張る」ことをもったいぶらない生徒がたくさんいます。そして、龍のごとく、時に乗じて天に上る、英雄が時に乗じて勢いを得るという校名通りに、スポーツは言うまでもなく、進学率も高まるなど、確実に成果も上げてきています。


 「工夫しつつ 悦び生活する」という校訓のもと、「明るく、楽しく、朗らかに」のスローガンを掲げ、「知恵と努力」を惜しまず、個々の資質向上を目指している学校です。是非、一度学校へ足を運んでみてください。あなたが望む学校が目の前にあるはずです。