お問い合せよくある質問交通アクセスサイトマップ


創造性と実践能力を持った情報技術者の育成します
実習を多く行うことで情報技術の習得を目指します
情報社会において即戦力となる人材を育成します

実社会で即役立つ各種検定資格の取得を目指します

 パソコンやインターネットなどのIT産業が驚異的に進歩したことで、私たちの生活は大きく変化しました。一般事務から情報メディアなど様々な業界で情報技術が必要になっています。
 情報コースでは実習時間を大幅に増やし、ワープロや表計算など実社会で即戦力となる資格・技能を習得します。更にはゲームを題材にしたプログラム言語の学習やイラスト作成など生徒個々の興味と関心を尊重した授業を展開し、その技術を習得することで、高度な実技能力と創造性を備えた情報技術の専門家を育成します。


取得できる資格

■日本情報処理検定協会主催 日本語ワープロ検定 (3級から初段)
■日本情報処理検定協会主催 情報処理技能検定 表計算 (3級から初段)
■日本情報処理検定協会主催 文書デザイン検定 (3級から1級)
■日本情報処理検定協会主催 プレゼンテーション作成検定 (3級から1級)
■日本情報処理検定協会主催 ホームページ作成検定 (3級から1級)
■日本情報処理検定協会主催 パソコンスピード認定 (文字数により段級を認定)

将来に向けてスキルと資格を身に着ける!

 私がこの情報コースを選んだ理由は、将来事務員やコンピュータ関係の仕事への就職したいと思い、そのために必要なスキルや検定を多く取得することができると考え、このコースを選びました。
 授業では、実習の時間が多く基礎から応用までしっかりやることができます。検定前には、対策授業も行われ検定取得のため先生方が協力してくれます。
 現在も検定合格のために頑張っています!!


情報コース卒業生  大沼 詩織

技術と自信の取得を!

 皆さんは、検定の合格証書を手に入れたとき、とてもうれしいと思うでしょう。 この時、皆さんは資格と技能、それから”大きな自信”を手に入れることができます。 それを大切に次のステップへの力にしてください。


情報コース長  上杉 宗徳